How to Be Happy Without Really Trying ~努力しないで幸せになる方法~

人間凶器カ〇〇!みたいな『リーサル・ウェポン』

子供の頃面白いと聞いたけど、観る機会がなかった"Lethal Wepon"
何の予備知識も無く挑んだ。
d0287682_07494809.jpg
死を齎す兵器、みたいな意味だと思うので、核とか最新の兵器の話と想像してたら
「俺が兵器そのものだ!」なイカレ刑事の話だった笑

確かに面白いと思う。
流れもとても良い。
↑の二人が徐々に打ち解けていくとこも良い。
でも何でこの手のは、散々ドンパチしてたのに最後素手なん?
何故ならリッグス自体が兵器だから、て事?
まぁありがちな流れではあるんだけど、
この映画が公開されたのは1987年。
そういうのの走りだったのかも知れない。
中でも、拷問シーンがあったり、ヒロイン的な存在がなかったりで、そういうハードボイルド(?)な所が
他と一線を画し、コアなファンを引き付けて止まないんだろう。

美女好きとしては
どっちサイドでもいいから一人は超美女が欲しい所。
とは言っても、同行の科学者が何故か絶世の美女とかあり得ない設定に食傷気味の人には
こういう映画は受けると思う。
私的にも面白かったのは面白かったけど、2以降どうしよかな、な感じ。
ポリスアカデミーとかビバリーヒルズコップは
「今観るとあんまおもんないけど、でも懐かしいな~」なノリで楽しめたけど、
これ観た事なかったから懐かしいとも思えないし。
とは言え、迸る昭和臭は何か懐かしい感しなくもないし、2くらいは観るか。

[PR]
# by myfavoritethings | 2018-01-23 08:21 | 映画 | Trackback | Comments(0)

何度観ても訳が解らない『2001年宇宙の旅』

二度目の鑑賞"2001:A Space Odyssey"
d0287682_09182477.jpg
この映画の独特の雰囲気、大好きなんだけど、
難解なキューブリック映画の中でも群を抜くのがこの作品。
私の様な下々の者がどんなに深く考察した所で遠く及ばないだろうから
今回は頭をできるだけ空っぽにして「考えるな、感じろ」に努めた。

ただ、前回の時も思ったけど、
ネットの解説を読まないとやっぱり何が何だか解らない。
まず序盤に出て来る黒い物体、映画だけだと何する物か解らない。
ネットで、あれはモノリスって名前で、こういう役割で、て事が解ったけど、
原作を読んだとしても、キューブリック氏は原作と大幅に変更する事がよくあるので、
原作が参考になるとは限らない。
『チャーリーとチョコレート工場』でこの場面のオマージュなのか、
モノリスをチョコレートで再現してあったけど、
いや、確かに板チョコやん。

その後宇宙に出向く訳だけど、
宇宙服だの内部の装飾がとにかくオサレ。
もし実際に宇宙探査機に乗ったら機械音うるさいんだろうけど、
音が無く、台詞も少なく、宇宙のイメージそのものだった。
HALの無機質な声質がまたいいんだけど、
HALの暴走、ボーマン船長が停止しようとしている時の懇願、まるで心があるようだった。

この部分までは好きなんだけど、
何故いきなりワープ(?)するのか?
ワープして豪華な家にいるのはどういう事なのか?
誰が豪華な飯を作っているのか?
何でじじいになっているのか、で、死んだ!?
と思ったらばかでかい光る胎児(?)になっている。
何やねん、人類を超えたスターチャイルドて。

エンディングは多数の方々が、何あの終わり方?????となっただろう。
私は何が嫌って、
馬鹿には解らないと言って解った顔をしている人が嫌。
その辺は感性の問題であって、賢さとは何一つ関係ないと思う。
第一、解ったと思ってる人が、本当にキューブリックの意図を100%理解できてるか疑問。
解説読んだら、どれも解釈違うもんね。
キューブリック氏は解らないように作ったつもりはないだろうけど、
「みんなこれくらい解るよね」て感じで
自分の作りたい物に比重を置いた、というかそれしか考えてなかった。
そんな監督が嫌いで、もっと観客に寄り添った映画が好きなら、キューブリック監督の映画は観なければいい訳で。
私も正直、スタンリー・キューブリックって独り善がりな人だなぁと思うけど
やっぱり彼の映画は他では味わえない世界があるのでやめられない。
多分人としては好きになれないだろうけど。
スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
# by myfavoritethings | 2018-01-22 12:29 | 映画 | Trackback | Comments(0)

色々惜しい『コンテイジョン』

原題:Contagion、伝染の意らしい。
d0287682_08363161.jpg
聞き及ぶ限りの内容ではそんなに心惹かれないけど、
監督がスティーブン・ソダーバーグとあらばさぞやいい仕上がりであろう。
しかもなかなかの役者が揃ってるじゃな~い、と期待も膨らむ。
でも結果は色々欲張り過ぎて失敗した気がする。
役者一人一人はいいのに、良過ぎるのが悪いのか、
話がバラバラな感じと言うか、同時に違う映画を何本も観た錯覚に陥った。
まぁ良く言えば、
↑のポスターに出てる役者一人ずつ映画が撮れる程って事なんだけど、
一応一つの映画として出したからには意図があったんだろうし、
それならやっぱりスッキリまとめて欲しかった感が否めない。

結局
伝染病の恐怖も伝えたいのは伝えたいし、
でも伝染病自体も怖いけど、それよりこういう事態が怖いんですよ、と問題盛り込み過ぎたんじゃないかな。
隠蔽する政府、それを疑う心、暴動、煽るネット配信者。
特にネット配信者のアランをやったジュード・ロウ、合い過ぎですね。
彼のインパクトが強くて、
いちばんの敵はネットの誤情報って印象になってしまった。
強ち間違ってはないだろうけど。
あと敢闘賞はグウィネス・パルトローだな。
あんなに可愛いのに、スッピンで白目剥いて泡拭かれたら、
そら伝染病KoeEEEEE!!てなりますよ。
しかもまさか頭頂部くぱぁして脳ミソ見せてくれるとは思わんかった。
勿論本物じゃないけど、凄い役者魂見せて頂きました。
d0287682_09291942.jpg

この映画は2日目の所から始まって、
ラストで1日目、つまり感染経路のネタバレがあるんだけど、
この技法でやるならネタバレはもっと衝撃的であって欲しかった。
おもろい事考えるな、とは思った反面、ないわーだった。
まぁエイズのきっかけなんかないわーどころじゃなかったし、伝染病ってそんなもんなのかもね。

この映画で勉強になった点、
感染症は手からってのは知ってたけど、
その前段階、何故手に菌が着くかが解った。
人間は1日2~3000回顔に触る、その時目、鼻、口、耳の菌やウィルスが付着する。
その手で色んな物触って繁殖していくとの事。
だから頼むから、スマホ触る前は手を洗って消毒してくれ。
私がどんなに気を付けた所で、世界中の人間がバイ菌だらけの手でスマホ触って培養してるんだから、
いつかそういうのが原因でパンデミック起こるんだろうな。

[PR]
# by myfavoritethings | 2018-01-21 09:30 | 映画 | Trackback | Comments(0)

志村後ろーー!『スパイダー・パニック』

原題:Eight Legged Freaks
d0287682_08405393.jpg
見たまんまのB級映画。
蜘蛛が苦手な人は観ないとして、
蜘蛛がオタクレベルに好きな人だと造りのショボさにお怒りになるかも知れない。
でもそこが楽しい、だってB級映画だから。
私みたいな、蜘蛛好きだけど飼った事もないし生態もそんな詳しくない、くらいの人だとかなり楽しめる。
色んな蜘蛛が巨大化してワクワクが止まらない。
蜘蛛の王者(?)タランチュラ、やっぱ巨大化しても可愛いね。

ストーリーは、良く言えば王道、悪く言えばありきたり。
でも時間も短く、テンポ良く進んで楽しかった。
ちょいちょい笑い挟んでくるとこが(・∀・)イイ!!

キャストにスカーレット・ヨハンソンがいた。
この頃はまだブレイク前だったかもだけど、十分名は知れてた筈なのに、
こんな映画に出てくれてありがとう!
あとデヴィッド・アークェット、何か聞いた事ある、、と思ったらモニカ(コートニー・コックス)の元夫だ。
それ以外印象にないけど。
私的には蜘蛛博士坊やのサムをやった子役(スコット・テラ)が可愛いと思ったけど、
その後ちょいちょい誰かの子供時代をやるとかで出てるけど
最近殆ど映画には出ていない模様。
子役が生き残るのって難しいよね。
ソッコー退場したけど、ジョシュアの役やった人も良かった。
背中に蜘蛛いた時は思わず後ろーー!言うてもた。
その後襲われて、何故か飼育箱の棚全部倒れて、小屋破壊したけど、
何かこの感じ見た事あると思ったら
ドリフやないかwww
あの曲が頭を流れました。


[PR]
# by myfavoritethings | 2018-01-18 09:05 | 映画 | Trackback | Comments(0)

また忘れそう『オーシャンズ13』

映画の半券があったので、観たのは間違いないオーシャンズ11。
でもどんなだったか全く記憶にないのでレンタルしたら寝てしまった。
多分劇場でも寝たんだろうな。
当時の私はバリバリ働いてたのでよく寝てしまっていた。
いや、ほんまは酒飲んで観たから寝てしまっていた。
オーシャンズ12は、劇場には行ってないけど、レンタルか何かで観た気がする。
観ても観てなくてもええわ、どうせ忘れるし。
ので、観たと仮定してオーシャンズ13を観る事にした。
d0287682_09234798.jpg
そこまでどうでもいい映画なのに何故観てしまうのか。
多分カジノとか大泥棒とかの話が好きなんだと思う。
snatch、Italian Job大好き。
でもオーシャンズシリーズって何か退屈、、何でなん??
今回モニカパパ(エリオット・グールド)が寝込んでて、最後元気になるって話って事は解ったけど、
人物相関図が全然頭に入らない。
解った、多過ぎるんだ。
11人でも多いのに13人て、どないやねん。
しかも今回テス全く出んかったから、華というものがまるで無い。
オーシャンズ14は中止になって、
代わりにオール女性でやるオーシャンズ8、これは観てみたい。
好きな女優結構出るし、
ちと不安ではあるけどリアーナがどう化けるか楽しみ。
楽しみと言うより、どうかコケませんようにという祈りだな、ぶっちゃけ。
d0287682_09422705.jpg

[PR]
# by myfavoritethings | 2018-01-14 09:47 | 映画 | Trackback | Comments(0)



アスペルガー症候群の娘も思春期に突入し、アンバランスな我が子と楽しく生きていく方法を、趣味を充実させつつひたすら考える。